グリレH型    Grille Ausf.H

■ キット   Kit
 グリレH型の主なキットをご紹介します。
▼Sd.Kfz.138/1 Ausf.H "Grille"(KIRIN No.28003)

▲1993年に1/35スケールのインジェクションキットとして初めて発売されたキットで、トラゴンの兄弟会社であったキリンから発売されていました。イタレリのパーツが一部同包され、車体と起動輪、誘導輪を利用する必要がありました。(現在絶版。店頭在庫のみ)

▼"GRILLE" Ausf.H Sd.Kfz.138/1(DRAGON No.9004)

▲キリン製品発売から1年後の1994年にドラゴンのインペリアルシリーズとして発売されたキットです。キリンのキットと同様にイタレリのパーツが含まれ、新たに乗員のフィギュアが付属しています。キリンのキットでは側面装甲板の床板が高いことが指摘されていましたが、このキットでは修正されていました。(現在絶版。店頭在庫のみ)

▼Geschützwagen 35 H für sIG.33/1(DRAGON No.6470)

▲1999年に引き上げられた唯一の現存車両を取材したトーマス・アンダーソン氏や高田裕久氏の協力を得て新金型により細部まで再現されたリニューアルキットで、2009年に発売されて現在に至っています。スマートキットとして位置付けされており、側面装甲板は薄く成形され、履帯はマジックトラックとなり、灯火管制ライト(ノテックライト)用コードはキットに合わせて折り曲げ済みの金属線となり、ライフリング(rifling)が刻まれたアルミ製砲身などのパーツが付属しています。なお、フィギュアは付属していません。

▼Initial Production(cyber-hobby.com No.6270)

▲マニア向けのアイテムを発売しているサイバーホビーから同車のプロトタイプ(試作車両)を再現したキットがホワイトボックスとして2009年に発売されています。内容はドラゴンのリニューアルキットに準じています。

▼Sd.kfz 138/1 GRILLE(ショーモデリング 047)

▲1993年にキリンのキットをディテールアップするために設計されたエッチングパーツですが、他のキットで使用も可能なようです。無線機パネルや転輪のハブカバー、車長及び操縦手用椅子の背もたれ用スプリングなどのパーツが含まれています。

▼Sd.Kfz 138/1 Grille Ausf.H(eduard 35132)

▲ドラゴン用のエッチングパーツで、砲弾用ホルダーをエッチングで再現するパーツなどが含まれています。

▼Grille Armour(Lion Roar LE35043)

▲戦闘室装甲板をエッチングパーツに置き換えるためのキットですが、現在は絶版で店頭在庫のみのようです。

▼WWII German Sd.Kfz.138/1 Ausf.H 15cm sIG33/1"Grille"(Griffon BPL35007)

▲ドラゴン2代目キット(6470)用キットで、写真は次の4つのキットが同包されたボーナスパックのものです。L35028 Sd.Kfz.138/1 Ausf.H (車体をディテールアップするためのエッチングパーツで構成)、L35A029 WWII German Cartridge Cases(極薄の真鍮パイプを加工し整形された砲弾用ホルダー、底板、砲弾固定用ベルト)、L35A043 Brass Preformed 15cm Shell Projectile Containers (車内に設置されている薬筒用ケースを真鍮に置き換えるためのキット)、L35A044 15cm Shell Cartridge Storage Bins( 汎用薬筒ケースをエッチングで再現するキット)

▼15cm AMMO AND ACCESSORIES(AFV CLUB AF35193)

▲ドラゴンのキットにも砲弾は含まれていますが、ホルダーと一体成型されているため、砲弾のみが必要な方にはお奨めの砲弾セットです。また、薬筒、各種砲弾ケースや薬筒ケースも付属しており、砲弾の補充シーンが再現できます。このキットのお奨めは砲弾用デカールで、これを貼ることで実感が高まります。

▼GERMAN 15cm HEAVY INFANTRY GUN AMMO SET(AFV CLUB AG35025)

▲これも砲弾セットですが、プラ製ではなく真鍮製の砲弾と薬筒が付属しています。

▼ドイツ軍自走砲/野砲デカールセット(Passion Models P35D-005)

▲戦闘室壁面の装備品の位置を表示するステンシル文字や射表、無線機用変換器の注意書などを再現するデカールです。 
 
inserted by FC2 system