Ⅰ号15cm重歩兵自走砲
15cm sIG33 auf Pz.I

■ 資 料 Reference
  Ⅰ号15cm重歩兵砲自走砲の主な資料についてご紹介します。 
▼NUTS & BOLTS Vol.19
「15cm sIG33(Sf) auf PzKpfw.I Ausf.B & 15cm sIG33(towed)


 この車体に関する資料といえば、2005年に刊行されたこの本がベストでしょう。
 内容は、開発経緯と配備部隊、戦場写真、塗装図、四面図、内部イラスト、そして搭載砲の記録写真と現存する砲の詳細写真で構成されています。160頁のうち、大半が本車の記録写真に当てられ、部隊ごとにまとめられていることからマーキングの参考になります。
 余談ながら、この本の中心人物であるHeiner F. Duske氏から、1998年に本車イラストの提供依頼を受けたことがありました。残念ながら実現しませんでしたが、その後もお誘いをいただいているので、機会があれば参加したいと考えています。

▼PANZER TRACTS No.10
「Artillerie Selbstfahrlafetten」


  2002年に発行された自走砲を集めた本で、資料性の高いこのシリーズにあって、残念ながらこの本車に関する記事は僅か3頁しかなく、掲載されている側面図はMotor buchのシリーズ本のために1973年に作画された図を転載したものなので、参考にできません。
 この本からヴェスペやフンメルが独立して新たな本が発行されていることから、将来発行が予定されていたかもしれません。

▼Tank Power Vol.247
「15cm sIG33(Sf) auf PzKpfw I/Ⅱ/Ⅲ」

 15cm重歩兵砲を搭載したⅠ号、Ⅱ号、Ⅲ号戦車をベースとした自走砲を紹介している2006年に発行された本です。
 車体解説、四面図、記録写真、戦歴など本車に関しては約20頁が割り当てられています。
 この本のお薦めはカラー塗装図で、本車だけでも16パターンが掲載されており、塗装やマーキングの参考になります。

▼Waffen Arsenal Band 76
「BISON und andere 15cm-Geschütze auf Selbstfahrlafetten」

 1982年に発行された戦場写真を集めた本で、本車については5頁が割り当てられています。
 写真の印刷が悪いので、現在では参考になる本とは言えませんが、当時はこのような写真を見て、想像を膨らまたものでした。

▼グランドパワー2002年6月号
「15cm自走重歩兵砲グリレ」

 グリレと書かれていますが、本車については16頁にわたり紹介しており、写真もクリアーで日本語で安心して読めます。

 ▼Waffen-Arsenal S-34
「Deutsche leichte und schwere infanteriegeschütze 1914-1945」


 15cm重歩兵砲の戦場写真といえばこの本で、11頁にわたり、この火砲を紹介しています。

▼Waffen Revue Nr.59,60

 15cm重歩兵砲の取扱説明書から転載されたと思われる写真や図面で構成されており、この火砲の機構や部品について研究するにはベストです。Nr.57では、この砲の各種砲弾について紹介されていました。復刻版も出されたようですが、残念ながら、現在は入手難でしょう。 
inserted by FC2 system