Ⅱ号戦車a/2型
Pz.Kpfw.Ⅱ Ausf.a/2

■ 完 成   Finish of paint
●Ⅱ号戦車a/2型    Pz.Kpfw.Ⅱ Ausf.a/2
▼金属パーツとレジンパーツがあることから、下地塗装としてガイアマルチプライマーを薄めて吹き付け、その後クレオスのMr.サーフェイサー1200を薄めて吹き付けました。

▼塗装はまず、ガイアカラーのジャーマングレー(221)を暗部に塗り、次に基本塗装としてクレオスのガールズパンツァーカラーセット「あんこうチームVer.(CS201)」の大洗グレーⅠ(GPC01)を、明部に同じく大洗グレーⅡ(GPC02)を吹き付けました。

▼a型独自の起動輪、懸架装置、上部転輪などは自作していますが、塗装後は苦労の後がほとんど分からなくなってしまいました。

▼前部形状はa型とb型では異なりますが、残された写真からその違いを再現してみました。

このように写真を比較しないと誰も気付きません。最終減速機カバー、前部マッドフラップ、前部装甲板の取付角度とそれに伴うフェンダー支持架などぜひ見比べてください。
▼バルケンクロイツはタミヤのデカールを利用しましたが、透けたので重ねて貼っています。

▼a型及びb型では燃料注入口カバーが右側面に配置されていたので自作して取り付けました。

車体色と同色の車外装備品は取り付けた状態で塗装し、塗り分けが必要なスコップ、手斧、ジャッキ台、ワイヤーカッター、履帯はそれぞれ塗装した後に取り付けています。

▼ほとんど自作した車体後部。透明パーツを利用して自作した尾灯はその素材を生かすために クリアーオレンジとクリアーレッドで塗装しました。

私はミュージアムモデルを目指しているので、汚しは最小限とし、この車両では履帯と排気管のみに止めています。
▼a型の最大の特徴である円形グリルは苦労した甲斐もあり、なかなかの再現度になりました。

▼途中から大きく折れ曲がったフェンダー形状、車体の比較して大きく見える砲塔などこのアングルでもa型の特徴が分かっていただけると思います。




inserted by FC2 system