Ⅱ号戦車 c型
Pz.Kpfw.Ⅱ Ausf.c

■ 完 成   Finish of paint
●Ⅱ号戦車c型    Pz.Kpfw.Ⅱ Ausf.c
▼フェンダーなどのエッチングパーツはガイアのマルチプライマーを塗り、クレオスのサーフェイサーで下地処理しました。

▼塗装は最初に暗部をガイアのジャーマングレー(221)で塗り、モデラーズ合同作品展の時にご紹介したクレオスの大洗グレーⅠと大洗グレーⅡで仕上げました。(いずれもガルパンカラー)

▼デイテールアップした前部フェンダー内側、牽引フック、牽引ロープ、修正した操縦手ハッチのヒンジなど塗装前の写真と是非とも見比べてください。

▼バルケンクロイツはタミヤのデカールを使用しましたが、透けるので2枚重ねとしました。

▼作り込んだ対空機関銃架の細部に注目。今後これを作られる場合の参考にしていただければ幸いです。

▼見所は牽引ピントル、マフラー防熱カバー、尾灯、フェンダー内側などいろいろあります。

 省略されていた底部のボルト類も再現しましたが、ご覧いただけるでしょうか?
▼ここでの見所はエッチング製の細かな菱目模様のフェンダーで、この戦車を作られる場合は是非とも挑戦していただきたいと思います。

 また、自作した排気管やその基部の補強板なども塗装前の写真が無ければ、見過ごしてしまう所でしょう。
▼自作した無線手用ハッチは、その通気用のルーバーが斜めに取り付けられているのでソミュールの実車を参考に作り込みました。

 また、排気口内に整風板を自作したことで、精密感を高めることができました。
▼自作したバールやデイテールアップしたジャッキ台やジャッキ、消火器を見てください。

 特に苦労してリサーチした自作デカールによるラベルはアイキャッチの役目を十分に果たしています。
▼ディテールアップパーツに換装した主砲と機関銃は黒染めして磨いただけですが、塗装よりも実感が出ています。

 何の知識の無い若い頃、Ⅱ号戦車の砲身を車体色に塗装したのは私だけでしょうか?
▼車体及び砲塔上部の皿ネジは十和田技研のヒートペンにブレイン・ファクトリーから提供していただいた0.55mm径「-」ネジ頭ビットを取り付けて再現しました。

 また、溶接跡も同様に溶接跡ビットで再現しました。車長ハッチはヒンジを自作したものに取り替えましたが、違和感なく取り付けることができました。
▼私の作品はミュージーアムモデルを目指しているので、汚しは最小限にしています。

 そのため、他の人の作品より見劣りしますが、これも個性だと割り切っています。



inserted by FC2 system