Ⅲ号戦車A型
Pz.Kpfw.Ⅲ Ausf.A

 キット Kit
  Ⅲ号戦車A型の主なキットについてご紹介します。
▼PanzerⅢ Ausf.A (S2KV005)(SOVEREIGN 2000)

▲1/35スケール初のフルキットで、国内では2002年11月頃にMSモデルズを通じて発売されました。
 A型はこのキットが発売されるまではキットがなく、モデルグラフィックス誌1986年7月号(通巻21号)にて掲載された土居雅博氏のフルスクラッチによるデビュー作品は鮮烈な思い出があります。この当時はAFV模型の冬の時代で、新製品の発売がなく、1/35スケールの四面図と同サイズの作品の写真が掲載されていました。
 なお、このソブリンキットの作例はアーマーモデリング誌2003年3月号(通巻41号)にて紹介され、土居氏が担当しています。本来はキット紹介のため、修正を控えるはずですが、フルスクラッチの経験から同氏はいろいろと修正を加えていました(笑)。
 キットはレジン製ですが、懸架装置や装備品はホワイトメタル製が使用され、当初はメタル製履帯が付属していましたが、途中からモデルカステンの履帯(SK-26Ⅲ)に変更されていました。(現在絶版。店頭在庫のみ)
▼所有するキットの中身で、モデルカステンの履帯パーツが付属しています。

▼ソブリンのパーツ説明写真と組立説明書で、写真はレジンパーツです。

▼こちらはホワイトメタル製パーツで、下段には取付位置が示されています。

▼写真でパーツの取付位置を示しています。



▼3号戦車A型(35-0073)(アトリエ インフィニティー)


▼2011年6月に発売された国産レジンキャストキットで、履帯もレジン製でした。

▲同社は2010年6月発売のD型を皮切りに2011年3月にはC型、そして翌月にはB型とバリエーション展開をしていましたが、安価なインジェクションキットが他社から発売されたことなどから生産を中止したようです。(現在絶版。店頭在庫のみ)

▼Pz.Kpfw.Ⅲ Ausf.A(CB35134)(Bronco Models)

▲初のインジェクションキット(射出成形キット)で、2015年11月に発売されました。
 ミニアートが発売したB~D型のキットが呼び水となって多くの資料写真が発表され、その研究成果と既存キットがこの製品に反映されています。
 ちなみにモデルアートの「ドイツ戦車データベース③」では土居氏がこのキットの作例を担当していました。(彼は本当にⅢ号戦車が好きなんですね)
inserted by FC2 system