Ⅲ号戦車D型
Pz.Kpfw.Ⅲ Ausf.D

 Ⅲ号戦車D型の製作
  ミニアートのD型キットを用いて気になった箇所のみを修正しました。
 なお、製作時は当HPで公開する予定がなく、必要最小限の写真しか撮影していなかったので、ご了承ください。
足まわり
 基本的にキットの素組みです。
 履帯については考察雑記帳の「Ⅲ/Ⅳ号戦車の38cm幅履帯」を参考にしてください。
車体前部

①マッドフラップ
 長さは短く、幅はフェンダーより狭かったので、プラ材で修正しました。
②前部フェンダー支持架、ストッパー
 実感に乏しいので、プラ材で自作し、マッドフラップのストッパー(前後とも)はドラゴンのⅢ号戦車のパーツに取り替えました。
③前照灯
 ライト支柱が強度的に弱いので、プラ棒に換え、中に真鍮線を通して車体に取り付けました。
④車幅灯
 取付金具及び電気コードは真鍮板及び真鍮線に取り替え、カバー無しにしたいのでレンズをウェーブの「H・アイズ3ミニ(クリア)」を薄くして取り付けました。

⑤シグナルライト?
 第1支持架の前にある小さな箱への配線などが省略されているので、真鍮線などで再現してみました。
⑥操縦手用覘視孔
 操縦席には2つの覘視孔がクラッペの上にありますが、キットではクラッペの中心に開口されていますが、記録写真では内側にずれて見えるので、孔を埋めて開け直しました。
⑦操縦手前方視察用クラッペ
 ヒンジが気になったのでプラ板で作りました。
⑧対空機関銃架
 取付基部が気になったので、Ⅱ号戦車の記録写真を参考にしてプラ材等で作り直しました。


砲 塔
⑨砲身基部
 プラ材にて溶接表現を加えました。
⑩砲塔側面の溶接跡  
 側面ハッチ前に装甲板の溶接跡(赤線)がモールドされていますが、Ⅲ号戦車の砲塔では見られないので削り取りました。
⑪キューポラ
 キットのパーツを用いていますが、装甲カバーを閉じた状態に改造し、尖頭ボルトなどは取り替えてみました。
○砲塔内部
 多くのモデラーが指摘されているように、キットのようなバスケット構造ではなく、作例ではハッチは閉じて内部が見えなくなるので、砲塔内工作は省略しました。

機関室上面

⑫点検ハッチ
 ハッチをロックする鍵穴の表現がイマイチと感じたので、手持ちのエッチングパーツから流用して取り付けました。
⑬牽引ケーブル
 先端のアイ部分はドラゴンのⅢ号戦車の不用パーツから流用し、取付金具はプラ板や真鍮板で自作し、ケーブルはKARAYAの0.6mm径の銅線パーツを黒染めして取り付けました。

車体後部左側

⑭S型シャックル
 タミヤの「ドイツⅣ号戦車車外装備品セット(35185)」のパーツに取り替えました。
⑮10tジャッキ
 この時期のジャッキでクランクハンドルを折り曲げて積載するタイプは見たことがないので、個人的な好みでこれもタミヤの「ドイツⅣ号戦車車外装備品セット(35185)」のパーツに取り替え、取付金具などはキットのパーツを利用しました。
⑯消火器
 キットのパーツでもよいのですが、モールドにメリハリがあるパンツァーアートの初期型消火器(RE35-259)に換えてみました。
⑰シグナルライト?
 配線などが省略されているので、真鍮線などで再現してみました。
⑱履帯連結具
 アベールのエッチングパーツ(35A98)に換えました。
⑲マッドフラップ受け金具
 付属のエッチングパーツではなく、真鍮帯板に置き換え、すぐに外れないようにフェンダーに穴を開けて差し込み、接着しました。

車体後部右側

⑳アンテナケース
 アンテナケースの出来が良くないので、エバーグリーンのプラ板で自作し、アンテナ本体は真鍮製のパーツに取り替えました。
㉑スコップ、㉒斧
 スコップが省略されているので、斧とともにタミヤの「ドイツⅣ号戦車車外装備品セット(35185)」のパーツに取り替え、スコップの柄は短いのでプラ棒で自作し、 クランプはアベールのエッチングパーツを利用しました。


車体前部右側
㉓ジャッキ台
 ベルトなどはエッチングパーツに換えました。


その他
○溶接跡
 モールド表現が今一つなので手を加えています。
○車載機関銃
 アドラーズネストのMG34(前期型)車載機関銃銃身(ANM-35006)を黒染めして取り付けています。

  ご意見、感想などがありましたら掲示板「3号戦車A~D型」にコメントをお願いします。
 コメントが面倒だという方は、今後の励みになりますので下の「拍手」のボタンを押していただければ幸いです。

web拍手 by FC2
inserted by FC2 system